湖北の観音さま

2014.04.11 14:43|雑記
昨日から遊びにきている母のお目当てはこちら↓↓
 
IMAG0886[2] 


上野の東京芸術大学大学美術館で開かれている
「観音の里の祈りとくらし展」
 
観音の里 というのは
国宝を含む130体が伝わる琵琶湖の北・湖北地方のこと。
 
そのうちの18体が展示されていました。



いくさや天災から里人が家族として守ってきた、というのですが、

損傷が激しいものも。42本の腕が現在は12本とか、顔の形もないとか


守る方法として、川に沈めたり、土に埋めたりしたからだそう。意外と手荒いっ。

もっと驚いたのは、
子どもが川で泳ぐ際ビート板として使っていたらしい、とまで !ええっ! !

そんな罰当たりな~と思ってしまいますが、
それだけ生活に密着していたからか?!沢山いらしたからか?!


先人の何千何万の祈りがこめられた観音様が
ひと所に集められている、緊張する空間でした




鑑賞後、階下にある大学の学食でランチ。
学食なんて何年(何十年)ぶりだろ。
IMAG0884[1] 



ごちそうさまでした ♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ


コメント:

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

le cube

Author:le cube
(千葉県)新浦安カルトナージュ教室 「le cube (ル・キューブ)」を主宰しています
ホームページはリンクからどうぞ。
下記メール欄よりお気軽にお問い合わせくださいませ。
詳細を返信いたします。

リンク

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR