2016.03.30 15:47|カルトナージュ
前々回にご紹介したミラーと同型で、

私が作ったサンプルです。



P1015294.jpg 


ドイツのraschという会社の壁紙です。




P1015299.jpg 


陶磁器が割れた際に金で修復する手法を「金継ぎ」といいますが、

それを壁紙のデザインにするなんて素敵~と思い、購入。



作成後よくよく見てみると、
継いでる並べ方ではない?!(気づくの遅すぎ

そもそもドイツで金継ぎが知られていたのか?というのもあやしいですしね。



そのあたりは置いておいて・・・

気に入ってはいるので、

しばらくリビングに掛けておくつもりです。










2016.03.20 12:19|教室の皆さまの作品
まだ桜は咲き始めていませんが、

花曇り&花冷えなお天気のなか、家族が一人風邪でダウンしています。

明日(用あり)までに治してよ~







さて今日は先週のレッスンで完成された作品ご紹介。




(Mさん)



春らしいボックスになりました。

取り出し口も工夫されて。

お話されていた柄合わせ、またご挑戦くださいませ。





***************



来週24日に1席空きが出ました。


材料切ってないし~、とおっしゃる方も
ご相談可能ですので、よろしかったらどうぞ。お待ちしています


初めてのお試しの方はこちらからどうぞ→lecube HP


こちらからもお入りいただけます

http://shuminavi.net/schools/art-craft/cartonnage/









2016.03.17 12:22|教室の皆さまの作品
皆さんにご希望の作品をお作りいただきたいという思いと裏腹に、、
作品の材料の調達ができないことが起こります



在庫がない、

販売されなくなった、

生産さえされなくなった、

加工して売る会社がなくなった、

セット販売しかなくなった、などなど・・・

全て実際にありました(泣)




ネット又はリアル店舗をあたり、メールや電話でやり取りをして

新しい購入先を探します。



それでも納得できるものが手に入らない場合、、、

レシピを変えることも。



その中の一つ、こちら↓↓




【正方形の鏡】

(Sさん)





P1015287.jpg
(Kさん)



元のレシピ(LePapier)より随分ビッグサイズになりました。



大きくなった分、他にも何点か変えました。

金具(1→2個)と付ける位置(力も均等にかかるよう)、

くり抜く手順、

また手作業でしていたマット部の斜めのカットは

手 or  専用カッタ― の選択など。



専用カッターも少々慣れやコツがいりますが、

昨日↑はきれいに切っていらっしゃいました。




「ずっと作りたかったんです」とおっしゃってくださっていたので、

本当ほっとしています

ありがとうございました。






tag:カルトナージュ インテリア

2016.03.13 20:16|カルトナージュ
教室で作る作品は圧倒的に布を使うものが多いのですが、

紙を使う作品も少しあります。


布同様、当然ハギレがでます。



そこで・・





ちまちまと折って、封筒を作りました。


ちょっとしたメモやお金をお渡しするときにどうでしょう。

意外と小さな可愛い封筒は見つけにくいと思うので。

お手元に残っていたらぜひ。




もし折ってみたい方いらしたら、
レッスン後にでもお伝えするので、余りのペーパーお持ちくださいね












2016.03.09 08:42|教室の皆さまの作品
3月24日に空きが1席でました。

ご都合のよろしい方、どうぞご予約くださいマセ。

お待ちしております。


体験レッスンもお入りいただけますこちらから
簡単にその旨お書きいれくださいませ。





************


先月は奇妙なことが2件ありました。


めったにお会いしない方に会った
翌日(数日後)に

めったに行かない場所、または行ったことのない場所で

再度ばったりお会いしたこと





お一人はこちらの方↓↓



【ドキュメントケース】

(Mさん)



このレッスンの次の日に

友人がインフルにかかったため急に予定が変わったMさんと、

お昼には帰るつもりで行った出先で、
同行の方が車で来られていた関係(たまたま車になったらしい)で、
ランチまで連れていっていただくことになった私と、

たまたま入った、初めてのレストラン(新浦安外)で
お会いしたんです。



長々とわたくし事でスミマセン。



ただ別の方と同じことがもう1件あって、

それも2回目は地元ではないレストランでした。



長くお会いしていない方と
偶然が重なり、またすぐ翌日(数日後)にひょんな所でお会いするなんて・・。



ちょっと怖い気もするけれど、おかしすぎる出来事でした













2016.03.05 21:22|松井機業(しけ絹)
まず日程の件ですが、

3、4、5月のレッスン、現在全日満席となっております。

ありがとうございます



ご調整、キャンセル待ち、と
お手数もおかけして、申し訳ありません。

ケガのないよう、慎重に動いて、がんばります




時々キャンセルも出ますので、
スケジュールをチェックしてみてくださいね。こちら

(予めキャンセル待ち承っています方には
先にご連絡させていただきます)





***************

さて、、
ご注文の、絹の作品の続き。




フォトフレームです。

P1015281_20160305205137ff5.jpg








P1015271.jpg 



前に見たような気がする?





当たり。

こちら↓↓ですね。

P1015075.jpg





ほぼ同じですが、

今回はフレーム部をふんわり、というご希望があり、

綿が入っています。


紙(裏打ちに厚めの和紙)がふんわりできるもの?と不安ながら、

薄目の綿で包むことができました。



思った以上に印象が変わった、、と思いませんか??











 
2016.03.03 22:21|カルトナージュ
1日遅くなりました。

レッスン日をお知らせいたします。

4/12

4/21

4/27

5/10

5/20

5/25

5/27


ご予約お待ちしております


一度ひとまず作ってみたいな・・・

教室の雰囲気を見てから始めたいな・・・

どうぞいらしてみてください。


こちらから送信お願いします→→le cube サイト



来週3/8にキャンセル出ました。こちらもご予約受付中




**********


最近ネット上でハンドメイドマーケットのサイトが
数々ありますね。


個性あふれる作品が沢山あって、
のぞきだすと止まらないのですが、



特に↓

IMAG2406.jpg 


少し前からまた髪を短くしたのもあって、

イヤリングを物色しています~。


ラッピングも可愛いでしょ?





こちらは「Creema」というサイトです。










2016.03.01 18:00|松井機業(しけ絹)
4,5月のレッスン日程、明日アップ&メール送信します。
よろしくお願いいたします。


***************


さて、、松井機業さまよりご注文の作品です。




今回は

ワインをプレゼントされる際の箱。







実際にお入れになる
サンプルのワインボトル(↑後方)も送られてきました、が、

 
悩んだ点は中側。


割れ物には必須のクッションだけど、

いつもの綿は使えるのかしら、

そんな型(ボトル型)にどうしたら作れるかしら、など。



メールをやり取りしましたら、
先方さまより↓送られてきました。

P1015221.jpg 

白く見える生地は上から

しけ絹、羽二重、ちりめん状のしけ絹。

ボトルの周りは楠のかんなくず。
なんでも防虫効果があるとか。



なんとかくずを動かないようして、

かつボトル型にかたどることもでき、

上記の2枚だけ使用して・・・



P1015270.jpg 



ふかふかのいい匂いのするクッションができました!


かなり贅沢なワインケース完成。




箱に貼っているのは、生地ではなく、
和紙で裏打ちしてある、しけ絹布のクロス。

紙の温度さんで買えます。









02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

le cube

Author:le cube
(千葉県)新浦安カルトナージュ教室 「le cube (ル・キューブ)」を主宰しています
ホームページはリンクからどうぞ。
下記メール欄よりお気軽にお問い合わせくださいませ。
詳細を返信いたします。

リンク

最新記事

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR